マンガハックSTORE

稀代の天才絵師 河鍋暁斎
空白の不遇時代を描く画鬼道絵巻

酒と、筆と、蛙と?

2019年 1月12日 発売開始

天才絵師の画鬼道絵巻

狂斎
ちさかあや

単行本1巻 好評販売中

1話分44P!!試し読み公開中
click

浮き世に酔うて描くは狂気ーー。

浮世絵師・歌川国芳の門下を離れ、駿河台狩野家で学び修業を終えた、
甲斐洞郁(後の河鍋暁斎)は、仕事なし・金なしの貧乏暮らし。
毎日誰にも売れない絵を描き、酒に酔い潰れる生活を繰り返し、
さらに奇妙な蛙が住み着くようになる。
そんな姿を見兼ねた、国芳一門の弟弟子・吉岡米次郎(後の月岡芳年)の
心配も意に介さず、ただひたすら絵に向き合い続ける洞郁。
心の奥底では幼少期に絵の心得を示してくれた、
亡き葛飾北斎への複雑な嫉妬心と、
自分が世間に認めてもらえない鬱屈な気持ちは大きくなる一方...
幕末〜明治にかけて活躍した稀代の天才絵師・河鍋暁斎、
空白の不遇時代を描く、画鬼道絵巻。

狂斎

狂斎(1)

著 : ちさかあや twitter

定価 : 本体790円+税
発売日 : 2019/1/12
発行 : エコーズ
発売 : 徳間書店

1話分44P!!

試し読み公開中